お金が欲しい

2020年01月07日

「和ちゃん、今度いつ会ってくれるの。あまり来ないと私、他の人と浮気しちゃうよ。」俺はセナが高校生の時に勉強を教えていた家庭教師です。初めは生徒という目でしか見ていなかった。彼女が無事に志望大学に通うようになっても恋愛関係になると思っていませんでしたが、俺が結婚して家庭を持った時に通い始めた病院にセナがいた。先生と生徒の関係だったセナが今度は先生と患者の立場に変わった。
セナは高校生の時から私のことが好きだったみたいで今回会えたことが嬉しく思ったみたいで付き合おうと言われました。もちろんか結婚していることも伝えましたが愛人でもいいと言われました。妻は最近子供に夢中で俺のことは放置。だからセナと浮気していいと思い不倫関係が始まりました。
お金くれる人
とこらが、お小遣い制の俺はセナと不倫することによってお金がさらに使う一方。お金が欲しいと思うようになりました。そんな俺の懐事情に気づいていないセナはやたら俺に甘えて何かを買って欲しい。レストランで食事をしたいと甘えてきます。そのため俺はセナと会う回数を減らしました。お金が欲しいけど妻にそれを言ったら叱られるし、浮気もバレるかもしれない。だけど、セナとの関係が終わるのも寂しかった。
そして、2週間ぶりにセナと会った時に「お金に困っているの。奥さんからお小遣いいくら貰っているの。」俺は素直に答えるとわがまま言ってごめんなさいと謝ってきました。その後、お金を使わないでデートを楽しむようになり俺はますますセナに夢中でセナも私のことをさらに好きと言ってくれます。
ゴム有
口割